. .

「ドア閉めたら証明消して」――自宅を“IoT化”する「au HOME」に新機能 Alexa連携も

KDDIは7月18日、ネット経由で家電などを操作できる住宅向けIoTサービス「au HOME」を強化すると発表しました。複数のIoTデバイスを連携させる新機能を搭載する他、家電を音声操作できるスマートスピーカーも拡充するとのことです。au HOMEは、外出先から自宅の施錠状態や窓の開閉状況を確認したり、エアコンやテレビなどの家電を遠隔操作したりできるサービスです。専用デバイスや専用センサーを自宅に設置し、ネット経由で各種操作を行えるようにする仕組みとなっています。8月下旬以降、複数のIoTデバイスを自動で連携させる新機能を搭載しています。「このドアを閉めたら照明を消す」といった一連の流れを「au HOMEアプリ」で設定しておくことで、その通りに対応デバイスが動作するのです。家電を音声操作できるスマートスピーカーも拡充し、従来は、米Googleの「Google Home」のみに対応していたのですが、8月7日以降、「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」を搭載した各種スマートスピーカーでも音声操作を行えるようにするとのことです。RemoteMeeting BOX

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>