. .
0

快適に動作するリユーススマホ「Sony Xperia XZ1」

“リユーススマホの中でも快適に動作するモデルを探している場合は、「Sony Xperia XZ1」がオススメです。
Sony Xperia XZ1は2017年発売モデルとかなり古いモデルです。今までリユーススマホを購入したことがない人のために簡単に解説すると、リユーススマホは2019~2021年のモデルがよく売られているため、Sony Xperia XZ1は古いスマートフォンに分類されます。
ではどうして、Sony Xperia XZ1はリユーススマホの中でも売れているのか・・・というと、それは、「1万円以下で手に入るハイエンドモデルのスマートフォン」だからです。ハイエンドモデルのスマートフォンとは、ミドルレンジモデルのスマートフォンより上のランクのスマートフォンで、スペック的には「最上位」を意味します。
Sony Xperia XZ1の特徴となりますが、販売当時では高水準な「Snapdragon 835、4GBメモリ(RAM)を搭載している」ハイエンドモデルのスマートフォンでした。ちなみに、ハイエンドモデルのスマートフォンを購入すればゲームアプリがサクサク動く・・・わけではないので注意してください。
ゲーミングスマホとしても利用できるスマートフォンについては、2020年以降になってからよく見かけるようになったため、どうしてもSony Xperia XZ1をゲーミングスマホとして利用したい場合は、ベンチマークスコアと呼ばれる「処理性能を数値化したもの」をチェックしておいたほうがよいです。
Sony Xperia XZ1はどちらかというと一般的なことをこなせるスマートフォンで、同じような価格で購入できる格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルより高性能なため、差別化されてSony Xperia XZ1を購入しているユーザーが多いだけ・・・となります。
Sony Xperia XZ1の詳細スペックですが、「ワイヤレス充電非対応、ディスプレイサイズが5.2インチ 液晶、チップはSnapdragon 835、メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は64GB、バッテリー容量は2,700mAh、防水防塵機能あり(IP68)、認証システムに指紋」のスマートフォンです。
今のスマートフォンと比較すると、ワイドディスプレイタイプのスマートフォンではない、バッテリー容量が少ないので、これらの要素で妥協したくない場合はSony Xperia XZ1以外を購入されたほうがよいでしょう。”

0

無難にまとまっているiPhone!2023年オススメスマホ「Apple iPhone 12 miniMGAV3J/A」

“iPhoneシリーズのリユーススマホで、性能やレビューが無難にまとまっているスマートフォンが欲しい場合は、「Apple iPhone 12 miniMGAV3J/A」がオススメです。
Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aは、発売当初の価格が60,999円とかなり安いのが長所です。スマートフォンというと、ハイスペックなスマートフォンの場合は10万円以上するケースも少なくありません。ですが、Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aはベンチマークスコアで好記録を出しているだけでなく、価格設定についてもリーズナブルな価格設定を実現しているスマートフォンなのです。
Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aの特徴となりますが、「2020年に発売された、今でもリユーススマホとして人気、安いだけでなくスペックの評価も高い、カラーリングはブラック・ホワイト・グリーン・ブルー・レッド・パープルの6色、画面サイズは5.4インチ」などがあげられます。
今では、6インチ以上のワイドディスプレイタイプのスマートフォンが主流になっているため、Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aは小さすぎる・・・という意見もありますが、最近になってこのような意見も変化が見られるようになりました。
というのも、今では子どもや女性も自分に合ったスマートフォンを手に取る時代になってきているため、Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aのような軽い、小さい、操作性がよいスマートフォンの人気が上がってきているからです。
しかもApple iPhone 12 miniMGAV3J/Aは、高性能チップ「A14 Bionic」を搭載しているモデルです。そのためApple iPhone 12 miniMGAV3J/Aは、ベンチマークスコアで約71万点を記録しているために人気で、耐久性についても、Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aはセラミックシールドとアルミフレームで補強されているため問題ありません。
Apple iPhone 12 miniMGAV3J/Aの詳細スペックですが、「パネル種類が有機EL(OLED)、メインカメラ画素数は1200万画素、Bluetooth機能対応、サイズは幅6.42cmx奥行0.74cmx高さ13.15cm、防水防塵機能あり、おサイフケータイ機能あり、画面解像度は2340×1080(476ppi)、インカメラ画素数は1200万画素で複数レンズ2眼(広角,超広角)、ワイヤレス充電対応、デュアルSIM対応(nano‑SIM,eSIM)、SoCはA14 Bionic、充電端子はLightning、付属品はUSB-C-Lightningケーブル,マニュアル」となります。”

0

スマホカメラのズームがうまくできなかった場合の対処方法(Android版)

“スマホには高性能なカメラ機能が搭載されており、ズーム機能もその1つ。しかしいざ撮影しようとした時に、カメラズームがうまくできなかった…という経験はありませんか?ここではAndroidのスマホでカメラのズームがうまくできなかった場合の対処方法をまとめてみましょう。
【スマホカメラのズーム機能とは?】
スマホカメラのズーム機能とは、カメラを撮影する時に画面に映っている対象物を拡大・縮小することができる機能のこと。スマホ機種によって、デジタルズームもしくは光学ズームのいずれかが備わっています。ズーム機能を利用すれば、離れている場所のものでも、まるですぐ近くで撮影したかのように映すことが可能です。
【光学ズームとデジタルズームの違いって?】
ズームには光学ズームとデジタルズームがあります。それぞれの違いをまとめてみましょう。
<光学ズームとは?>
光学ズームでは、レンズを動かして焦点距離を変化させて、画質は綺麗なまま被写体を実際に大きく撮影します。虫眼鏡を近づけたり遠ざけたりしてモノを大きく見る仕組みと同じです。光学ズームでは画像を実際に大きくして撮影しているので、拡大して撮影しても画像は拡大前と変わらずに綺麗なのが特徴。文字や人物の顔もしっかりと確認できます。ただ高いズーム率で撮影すると撮影範囲が狭くなるので気を付けましょう。
<デジタルズームとは?>
デジタルズームは、光学ズームとは違って、実際に撮影する画像のサイズは変わりません。撮影した画像の一部を切り取ってコンピュータ処理することで補完拡大します。そうするとまるで望遠で撮影したかのように大きく見せることが可能です。
言ってみれば、トリミングの処理をカメラ内部で行っているイメージ。元の画像の大きさは変わらずに、その一部をコンピュータ処理で引き延ばしているため、大きく引き延ばせば延ばすほど、画素数が減り画像は荒くなります。
【Androidスマアのカメラでズームする方法とは?】
Androidスマホのカメラでズームする方法をまとめてみます。まずほとんどのスマホでカメラ撮影時に画面をピンチアウト・ピンチインの操作をすることでズームが可能です。
操作方法は以下の通りです。
1、カメラ撮影画面でピンチアウトの操作をすると画像が拡大される
2、カメラ撮影画面で、ピンチインの操作をすると画像が縮小される
【スマホカメラでズームができない原因は?対処方法をレクチャー】
カメラズームの操作をいても、ズームができない場合があります。その原因として考えられるのが、スマホ本体の不具合です。ではカメラのズームができなくなった場合、どうすればよいでしょうか?対処方法をまとめてみましょう。
<カメラアプリを再起動する>
カメラアプリの一時的な不具合によって、動作が不安定になっている可能性があります。その場合は、一度カメラアプリを強制終了して、再起動してみましょう。
<カメラアプリのキャッシュの削除>
カメラアプリのキャッシュ(一時保存データ)が原因で、カメラアプリが正常に動作しない場合があります。この場合は、カメラアプリのキャッシュを消去してみましょう。カメラアプリのキャッシュを消去する方法は以下の通りです。
1、カメラアプリを長押しする
2、[アプリ情報]をタップする
3、[データを消去]をタップする
4、[キャッシュを消去]をタップする
5、[OK]をタップする
<カメラアプリのデータの削除>
キャッシュを消去してもカメラズームができない…という場合には、カメラアプリの全てのデータを消去してみてください。カメラアプリのデータを消去することで、画像の保存先、カスタマイズした設定などは全て消去されてしまうので、その点は注意しましょう。
カメラアプリのデータを消去する方法は以下の通りです。
1、カメラアプリを長押しする
2、[アプリ情報]をタップする
3、[データ消去]をタップする
4、[全てのデータを消去]をタップする
5、[OK]をタップする
<電源を再起動する>
スマホ本体の動作が一時的に不安定になっている場合、本体を再起動させることで動作が改善することがあります。長期間電源を切っていない場合、誤作動を起こしやすくなるので定期的に再起動させるようにしましょう。
<アップデート情報を最新のものにする>
本体のバージョンが最新の状態に更新されていない場合、不具合が生じることがあります。バージョンが最新であるかどうかを確認して、アップデート情報があれば最新のものに更新しましょう。
<セーフモードで起動する>
ダウンロードしたアプリが原因で、カメラズームができないなどの不具合が生じる場合にはセーフモードを起動しましょう。セーフモードを起動することで、ダウンロードしたアプリが影響しない状態で、症状が起きるかどうかを確認できます。セーフモードでは正常にカメラズームができるようであれば、直前にダウンロードしたアプリや、更新したアプリを削除して改善するかどうかを確認しましょう。”New foldable galaxy Z Flip4

0

スマホの内部ストレージが不足した際の対処方法とは?

“スマホには写真や動画、アプリなど様々なデータを保存することができます。しかしストレージがいっぱいになってしまうとデータの保存はできなくなります。ではススマホのストレージ不足で写真などのデータが保存できなくなった場合はどうすればよいのでしょうか?ここではスマホのストレージについてまとめてみましょう。
写真や動画などのデータを保存するために必要なストレージ。ストレージはスマホ内部に搭載されています。ではストレージがいっぱいになって不足してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?ここではストレージが不足した際の対処方法をまとめてみましょう。
【ストレージの空き容量を確認しよう】
ストレージが不足しているかどうかを確認する方法をまとめてみます。ストレージの空き容量の確認方法は、OSのバージョンは機種によって変わることがありますが、一般的な方法は以下の通りです。
<Androidの場合>
1、[設定]を開く
2、[ストレージ]をタップする
3、項目ごとに占有しているストレージの容量を確認する
<iPhoneの場合>
1、[設定]から[一般]をタップする
2、[iPhoneストレージ]を選択する
3、インストールされているアプリと各アプリの消費ストレージ容量のリストが表示され、アプリの名前をタップすると使用状況の内訳を確認できる
【スマホのストレージが足りない場合の対処方法とは?】
スマホのストレージが足りなくなった場合の対処方法をまとめてみましょう。
<いらないデータを消す>
まずはスマホに保存してあるいらない写真や動画などのデータを消しましょう。データを減らすことでストレージの空き容量を増やすことができます。
<データを移行させる>
スマホ本体に溜ったデータを外部ストレージやパソコンなどに移して本体のストレージを空けます。またGoogleドライブやiCloudなどオンラインストレージにデータを移して、端末本体からデータを削除することでストレージの確保につながります。
<キャッシュの削除を行う>
アプリやブラウザがため込んでしまうキャッシュを削除することで、ストレージの空き容量が増えます。キャッシュの削除方法は以下の通りです。
・Androidの場合
1、[設定]から[アプリと通知]の順にタップする
2、[アプリ情報]をタップする
3、キャッシュを消したいアプリを選択して[ストレージ]を選択する
4、[キャッシュを削除]を選択すると、キャッシュがクリアされる
・iPhoneの場合
1、[設定]から[Safari]の順にタップする
2、画面下までスクロールして[履歴とWEBサイトデータを消去]をタップする
3、[履歴、cookie、その他のブラウザデータが削除されます]という画面が出たら、[履歴とデータを消去]をタップする
ストレージはデータを保存する上で必ず使用しなければいけない記憶領域です。ストレージの不足状態が続いてしまうと、スマホ本体にも不可をかけてしまうためよくありません。スマホを長く快適に使うためには、ストレージの使用状況を管理して、適度な空き容量を作っておく必要があるでしょう。”

0

iPhoneのカメラアプリのHDRとLive Photosの設定方法

“iPhoneのカメラアプリにはHDRやLive Photosなどの機能が搭載されています。これらの機能がどのようなものなのかよく理解せずに使用している人も多いでしょう。今回はiPhoneのカメラアプリのHDRとLive Photosの設定方法をご紹介しましょう。
【HDRの設定方法とは?】
HDRとはHigh Dynamic Rangeの略で、通常の撮影に比べてより広い明るさの幅を表現できる技術のこと。明暗が激しく、通常だと白飛びや黒つぶれしてしまうような状況でも綺麗に表現された画像を撮影できます。HDRを上手く活用することで美しい写真を撮影できるでしょう。
<HDRの撮影方法とは?>
HDRはデフォルトで[オン]の設定になっています。ビデオ撮影でもHDRの撮影が可能です。
<HDRをオフにする方法>
HDR撮影をオフにする方法は以下の通りです。
1、[設定]アプリから[カメラ]の設定を開く
2、[スマートHDR]または[自動HDR]をオフにする
設定後にカメラアプリのHDRをタップすることで、HDR撮影の切替が手動で行えるようになります。
【Live Photosの撮影方法とは?】
Live Photosは写真と動画の中間のような画像のこと。写真アプリでLive Photosの写真を押すと、写真がビデオのように3秒間動きます。Live Photos機能を有効にして撮影すれば、シャッターボタンを押した前後1.5秒ずつ、合計3秒間がビデオ撮影されるのです。撮影方法は画面右上のアイコンをタップするとLive Photosのオン/オフを切り替えられるので設定はとても簡単です。
<Live Photosのエフェクト変更とは?>
写真アプリから撮影した画像を開いて、左上のLive Photosボタンをタップします。エフェクトには「ループ」「バウンス」「長時間露光」から選択できます。それぞれの効果は以下の通りになっています。
・ループ
Live Photosの3秒間の動画を繰り返し再生します。1ループの再生が終わると頭から再生が始まります。
・バウンス
Live Photosの再生と巻き戻しを繰り返します。1ループの再生が終わると逆再生になって頭に戻るというのが繰り返されます。
・長時間露光
シャッタースピードを遅くしたかのような効果が得られます。3秒間の動画を1枚の画像に収められるので、動きのあるものの撮影に適しています。
3つのエフェクトを上手く使いこなして美しい写真を撮影してみましょう。”

0

無難な性能のスマホ「ASUS Zenfone 8 Flip」

“あまりくせが強くなく、適度によいレビューがついているスマートフォンが欲しい人には、「ASUS Zenfone 8 Flip」オススメです。
スマートフォンのランキングサイトでも、ASUS Zenfone 8 Flipは5~10位に位置していることが多く、「2022年の売れ筋スマートフォン」としてもASUS Zenfone 8 Flipは有名です。今回は、そんなASUS Zenfone 8 Flipのどこが人気なのかを1つずつ案内していきます。
まず、ASUS Zenfone 8 Flipは端末価格が安く「約71,289円」で購入することができます。注意点としてASUS Zenfone 8 Flipは、Amazonで安く販売されているだけで、そのほかのオンラインショップでは85,000円前後もするので注意してください。
格安と言われているスマートフォンのほとんどは、端末価格がそもそも安いケースをのぞくと、一時的にオンラインショップで安売りをしているため安いケースが圧倒的に多いです。ちなみに、よく1万円以上の割引キャンペーン適用のスマートフォン・・・というのは、ミドルレンジモデルのスマートフォンでみられるため、エントリーモデルのスマートフォン、ハイエンドモデルのスマートフォンでも同様のキャンペーン適用となる・・・わけではありません。
さきほどのスマートフォンのランキングサイトでは、このような内容についてふれていないことが多く、どこのオンラインショップで購入しても安いはず・・・と勘違いされる人もおられます。キャンペーン適用なので、キャンペーン期間を終えてしまえば価格は元の状態にもどってしまうので注意してください。
次にASUS Zenfone 8 Flipの詳細スペックですが、「SoCがQualcomm Snapdragon 888 5G、キャリアはSIMフリー、ディスプレイサイズが6.67インチ、バッテリー容量5,000mAh、メインメモリ(RAM)8GB、ストレージ(ROM)128GB・256GB(SDカード対応あり)」となりますので、7万円台で購入できるスマートフォン・・・とは思えないほどにハイスペックです。
本当に処理性能も高いのか?と思ってしまいますが、ASUS Zenfone 8 Flipはベンチマークスコアが約85万点と高得点となりますので、無難なゲーミングスマホとしてASUS Zenfone 8 Flipを購入するのもありでしょう。実際に、ASUS Zenfone 8 Flipのユーザーの多くは、「3Dゲーム、高画質な動画撮影」のためにASUS Zenfone 8 Flipを購入されています。
ですが、ASUS Zenfone 8 Flipの人気がそこそこなのは以下のような短所もあるからで、長所ばかりに気を取られないようにしてください。
まず、ASUS Zenfone 8 Flipはスペック以上に特徴的な要素が少なく、「インカメラ使用時に180度レンズが回転する」程度の特徴しかありません。
・・・しかもASUS Zenfone 8 Flipは、「重量が230gと重めのスマートフォン」なので、長時間でスマートフォンを利用される予定の方には、あまりASUS Zenfone 8 Flipをオススメすることができません。というのも、コンパクトボディのスマートフォンであれば150~200gの重量となっているからです。
スマートフォンの重量は20gもちがうと別世界なので、こちらについてはかなり検討されたうえでASUS Zenfone 8 Flipを購入するか決めたほうがよいでしょう。
最後にASUS Zenfone 8 Flipに見られる機能をまとめると、「急速充電に対応している、有機ELを採用している、メインカメラ画素数6,400万画素、Bluetooth機能あり、ハイレゾ対応あり、耐水・防水機能なし、おサイフケータイ対応なし、5G対応モデル、画面解像度は2400×1080、画面リフレッシュレートは90Hz」となります。”

0

5G対応スマホの「Nord N20 SE 5G」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンを使うことによって、4Gスマホではストレスを感じていたオンラインゲームや高画質動画なども気持ちよく楽しむことができます。
また、5Gには高速大容量通信や同時多接続、低遅延などの特徴がありますので、パソコンやスマートフォンだけに限らず様々なシーンでいかされて多くのことを実現させています。
その5Gに対応しているスマートフォンには使いやすさを重視したローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Nord N20 SE 5G」という5Gスマホがあり、省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUや被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラ、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイや充電切れの心配なしで朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約195gといった小さい手の女性でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1612×720でアスペクト比20:9の約6.56インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G35 2.3GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(OxygenOS)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能や冷却システム、イヤホンジャックやステレオスピーカー、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「ASUS ROG Phone 6」とは?

“5Gに医療分野を取り入れれば遠隔医療も可能となり、MRIなどの高精細画像もスピーディーに送受信させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは使いやすいエントリークラスから高性能なハイスペッククラスまでの様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「ASUS ROG Phone 6」という5Gスマホがあり、電池切れや劣化がしにくい大容量バッテリーやダイナミックな画面で高画質動画を存分に楽しめる高精細大型ディスプレイ、風景や遠くの被写体まではっきりと鮮明に撮影できる高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約137000円でRAM16GB/512GBモデルが約155000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約239gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2448×1080でアスペクト比20.4:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが165Hzに対応していますしGorilla Glass Victusを採用しています。
CPUはSnapdragon 8+ Gen 1 SM8475 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”New Samsung Galaxy S23 ultra

0

LINEで5分以上の動画を送るにはどうしたらよいの?

“多くのスマホユーザーが利用しているSNSと言えば「LINE」でしょう。LINEではトークやノートで共有できる動画の長さが最大5分までという制限があります。
そのため通常の方法では、5分以上の動画を送ることができません。しかし友人や家族に5分以上の動画をLINEで送りたい!という場合があるでしょう。ここではLINEのファイル機能を使ってLINE経由で5分を超える長い動画を送る方法をまとめてみましょう。
【LINEでは5分を超える動画を送ることができない】
LINEでは原則として、5分を超える動画を送ることができません。これは動画の尺(時間)は5分までと上限が設定されているからです。基本的にLINEで友人や家族に動画を送る場合、トークルームから送信するか、ノートに動画を添付して共有するかのどちらかでしょう。このやり方ではどちらも5分を超える動画は送信できず、5分を超える動画を送信した場合5分1秒以降の再生部分に関しては自動的にカットされ、中身が途中で途切れた動画が送信されてしまうのです。
【LINEで長い動画を送るには一工夫が必要】
LINEで長い動画を送る場合には、ひと手間かけなければなりません。そのやり方はいくつかあります。それぞれのやり方をまとめてみましょう。
<GoogleフォトでLINEに長い動画を送る・保存する方法>
Googleフォトを利用した場合、iPhone/Androidスマホに関係なく、5分を超える長い動画でもLINEで送信・共有・保存することができます。送り手がGoogleフォトのダウンロード用(共有)リンクを作成し、保存する側(受け手)が共有リンクから動画をダウンロードするという流れです。
送る側・受ける側(保存側)ともに、Googleフォトアプリをインストールしておけばスムーズにやり取りができます。初めてGoogleフォトアプリを使用する!という人はアプリをインストールしたら、Googleアカウントでログインし、写真へのアクセス許可を済ませておくとよいでしょう。
GoogleフォトでLINEに長い動画を送るやり方は以下の通りです。
1、送りたい動画の共有ボタンをタップする
2、共有するアプリにLINEを選択する
3、LINEの送信相手を選択する
4、共有リンクがLINEで送られる
次にLINEで送られてきた長い動画を保存する方法は以下の通りです。
1、LINEのトークでGoogleフォトのリンクをタップする
2、動画をGoogleフォトで受け取る
3、動画を端末に保存する
<共有・ファイル機能を使って長い動画をLINEに送る・保存する方法>
2つ目にご紹介するのが、共有・ファイル機能です。
iPhoneの共有機能を利用すれば、5分以上の長い動画であってもmov形式の動画ファイルとしてLINEトークで送ることができます。またAndroidの場合には、LINEのファイル機能を使って長い動画を送信してみましょう。
●【iPhone版】共有機能でLINEに長い動画を送る方法
1、写真アプリからLINEに共有
2、共有先の相手を選択する
3、動画ファイルの送信完了
●【Android版】LINEのファイル機能で長い動画を送る方法
1、トークのメニューから「ファイル」を選択する
2、送信する動画を選択する
3、動画ファイルの送信完了
●【iPhone・Android版】送られてきた長い動画を保存する方法
(iPhoneの場合)
1、送られてきた動画をタップして開く
2、画面右上の[共有ボタン]をタップし、【ビデオを保存】を選択する
(Androidの場合)
1、LINEのトークに送られてきたmov形式の動画ファイルをタップする
2、ファイルを開く
3、ビューワーを選択する(フォトなど)
4、動画の再生画面で[共有ボタン]をタップする
5、「アプリで共有」から[その他]をタップして、共有アプリの一覧から[フォト]を選択する
6、[アップロード]をタップすれば、Googleフォトへのアップロードが始まる
7、Googleフォトに保存された動画を端末に保存したい場合は、Googleフォトの動画再生画面で[ダウンロード]をタップする”

0

5G対応スマホの「T1 5G」とは?

“これまでの4Gスマホは大容量アプリや動画をダウンロードするのに時間がかかっていましたが、今後主流になっていく5Gスマホなら高速ダウンロードを実現させていますので大容量コンテンツも快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「T1 5G」という5Gスマホがあり、幅広いシーンでの撮影に対応できる高性能カメラや大容量かつ高速なデータ転送を行える高性能CPU、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約25000円でRAM6GB/128GBモデルが約27000円でRAM8GB/128GBモデルが約31000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約187gという誰でも持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはレインボーファンタジーとスターライトブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.58インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(Funtouch OS 12.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”2022年4月21日に発売されたGalaxy S22
詳しくはこちら