. .
0

スマホのメモリー最適化をやっておく事で

スマホのメモリー最小化は覚えておくといいかもしれませんね。
スマホも使用がないとどうしても容量がいっぱいになってきてスマホの動作が悪くなってしまいます。
画面が固まってしまってなんて経験もある人いますよね。
そういった場合メモリーを解放してあげる必要があるのです。
スマホのメモリー最適化なのですが、こちらは意外と簡単にできたりするんですよ。
まず、簡単な方法としては不要なものを消去することです。
スマホには不要なものをそのまま放置してしまいがちです。
なので、これは必要ないと思ったデータなどは消してあげる必要があるのです。
スマホなのですが、きちんとメモリー最適化をしてあげないとやっぱり使用しずらくなってしまいます。
一番簡単なのがメモリー解放アプリを使用する事ですね。
こちらはアプリがやってくれるので誰でも使用ができると思います。
メモリーの状態をどうにかしたいがやり方が分からないなんて人にはとってもおすすめですね!
メモリーがすっきりする事でスマホだってサクサク動くようになるのでいいものです。
スマホの状態だって良くなればストレスなく使用ができるようになるでしょう。参照URL

0

スマホのバックアップ方法もしっかりと選べば!

スマホのバックアップもしっかりとやっておかなくてはいけませんね。
最近では、新機種に変えてみようと考えている人もいるでしょう。
そうなった場合、やっぱりきちんと機種変更をしておく前にバックアップと考えると思います。
スマホのバックアップの方法もスマホによって違いがありますよね。
Androidの場合は、さまざまなバックアップ方法を選べるのでいいですよね。
バックアップ方法としてパソコンを利用する人も多いのではないでしょうか。
パソコンに入れておけば間違いがないといった所がありますよね。
後は、メモリーカードを使用する人もいると思います。
昔から使用をするSDカードですね。
SDカードは誰でも簡単にバックアップが取れる感じなのでいいかもしれません。
後は、Googleアカウントでバックアップを取る方法もあります。
人によってやっぱりバックアップ方法もやりやすいややりにくいといった点があると思います。
でも、自分がやりやすい方法を活用していけば、バックアップも面倒にならないかもしれませんよ!
スマホには大切はデータがたくさんあると思います。
そのデータを守るためにもバックアップは大切になってきますからしっかりとやっておきましょう。

0

スマホの防水機能にも等級があります!

スマホの防水機能も付いているからといって安心できるものではありません。
スマホによってどこまで対応ができるのかにも違いがあります。
スマホの防水機能があるので安心という訳ではない事を覚えておいてくださいね、
スマホの防水機能も8つの等級がある事を知っていますでしょうか?
この等級によって防水のレベルにも対応に違いがあります。
防水もどのぐらい対応をするのか把握しておくといいかもしれません。
大丈夫だと思って水に触れてしまい故障なんて事もありますから注意をしてみてください。
なので、等級1なんかは水につかればダメになる事が多かったりします。
スマホの防水機能を重視する場合そういった点もチェックしておくといいようですよ。
等級で8や9の場合は、水に浸かっても大丈夫な程度だそうですよ。
なので、本当に水没が怖いなんて方は等級が高いものを選ぶ事をおすすめしますね。
スマホを守るためにも、とっても大事な機能でもあるので内容をしっかりと把握しておく事もおすすめします!
スマホの防水機能も見るだけで、あまりそういった詳しい所まで知らない方も多いと思うので、ちょっと調べてみるのもいいかもしれませんね。

0

スマホが水没した時にやる事は?

スマホの防水機能も付いていればやっぱりいいものですよね。
結構水没事故でスマホがダメになったなんて事もあったりします。
そういったアクシデントからスマホを守ってあげれるようにしてあげなくてはいけません。
しかし、アクシデントで水没をしてしまうような事もあったりしますよね。
そうなった時には、きちんと対処をしておきたいものです。
そんな水没した時にこういった事をやっておくといいかもしれません。
スマホが水没してしまい水がスマホに入ってしまっていますよね。
そんな時には、タオルやティッシュでできるだけ水分を拭き取ってあげてください。
そして、もしもスマホの穴の部分に水が入っていたりしたら、綿棒を使用してみてください。
そうすれば、水分が細かい部分でも取れたりします。
水没してしまったスマホは、どれだけ水分を取るかで結果が違ってきます。
なので、できるだけ水分を取ってスマホが復活をするのを待ってみてください。
水没したからと言って必ずだめな訳ではありません。
しっかりとした対処をしていけば、もしかしたらスマホを助けることができるかもしれませんよ。
水没しても焦らず対処をするようにしてみてくださいね!

0

スマホノバックアップが大切なのですが、、、

スマホのバックアップもしっかりと取っておかなくてはいけません。
バックアップも取り方がさまざまなのですが、データが消えた時に困らないようにデータをバックアップしておきましょう。
Androidの場合は、Googleアカウントを利用するといいですよ。
Googleアカウントには、データをバックアップできる所があります。
そこでバックアップしておけば、もしもスマホが故障してもすぐにデータを戻ることができるようになります。
スマホのデータもいつ消えてしまうか分かりませんからきちんとやっておいてください。
スマホのバックアップも、全部ができる訳ではないようです。
スマホのバックアップ取れないものと言えば、アプリのデータなんかもバックアップできません。
なので、必要なアプリや使用しているアプリがあれば、IDやパスワードをしっかりと記載しておいてください。
そうしないと、ログインができないような事もあります。
特にラインなんかは、ログインができると、後は引き継ぎができるので、きちんと覚えておくようにしてみてくださいね!
スマホのバックアップの他にも自分で覚えておかなくてはいけないものがあるので気をつけましょう。

0

スマホの音楽を取り入れる方法としておすすめです!

スマホへ音楽を取り入れるを取り入れるのも簡単になってきましたよね。
今スマホに音楽が入っているのなんて当たり前ですから、たくさんの音楽を入れておきたいものです。
しかし、中にはまだスマホへ音楽をどのように入れるのか分からない方もいます。
そんな人におすすめの方法がありますよ。
それは、Play Musicなのですがこちらパソコンがなくてもスマホに音楽を入れることができます。
こちらPlay Musicを使えば月額で音楽が聴き放題になります。
パソコンから音楽を入れるのが面倒なんて実感をしている方はぜひ使用をしてもらいたいものですね。
月額自分の好きな音楽が聴き放題になりますから簡単に好きな音楽をいつでも再生ができるようになります。
スマホ音楽も今はこのようなサービスを使えば簡単に音楽を取り入れる事が出来ます。
やっぱりパソコンが自宅にないなんて方もいますよね。
そういった方はこういう方法が早いかもしれません。
月額の料金も980円ですからかなりお得に音楽を聴く事ができますね。
アンドロイドのスマホを使用している方は特にこういったサービスを活用すると便利かもしれませんね。
音楽をたくさんスマホで楽しんでみてください。

0

スマホのバックアップをきちんと取りたい方には

Androidのバックアップもどうしたらいいのかと考えるかたもいますよね。
Androidのバックアップは簡単にできちゃうのできちんとやっておきましょう。
何かアクシデントがあり、データが全部なくなってしまったような状態になれば大変なものです。
しっかりとバックアップが取れるようにしておかなくてはいけません。
バックアップもどのように取ればいいのかと考えてしまいますよね。
実際にバックアップが取れておらず困っている方もいます。
なので、しっかりとバックアップの取り方を覚えておいてくださいね!
バックアップの取り方なのですが、Googleアカウントでバックアップを取ることができます。
設定の部分からいけばバックアップという所があるのでそこを押せば簡単にバックアップができます。
また、簡単にバックアップを取っておきたい方はやっぱりアプリですね。
スマホアプリでもバックアップが取れるものがあります。
なので、しっかりと活用をしてみてくださいね。
データも本当に何かアクシデントでなくなってしまえばそれで終わりですから、それだけは避けられるような状態にしておいてください。
バックアップも覚えると簡単なのです!Galaxy Mobile Japan

0

スマホが水没した時にやる事は?

スマホの防水機能も付いていればやっぱりいいものですよね。
結構水没事故でスマホがダメになったなんて事もあったりします。
そういったアクシデントからスマホを守ってあげれるようにしてあげなくてはいけません。
しかし、アクシデントで水没をしてしまうような事もあったりしますよね。
そうなった時には、きちんと対処をしておきたいものです。
そんな水没した時にこういった事をやっておくといいかもしれません。
スマホが水没してしまい水がスマホに入ってしまっていますよね。
そんな時には、タオルやティッシュでできるだけ水分を拭き取ってあげてください。
そして、もしもスマホの穴の部分に水が入っていたりしたら、綿棒を使用してみてください。
そうすれば、水分が細かい部分でも取れたりします。
水没してしまったスマホは、どれだけ水分を取るかで結果が違ってきます。
なので、できるだけ水分を取ってスマホが復活をするのを待ってみてください。
水没したからと言って必ずだめな訳ではありません。
しっかりとした対処をしていけば、もしかしたらスマホを助けることができるかもしれませんよ。
水没しても焦らず対処をするようにしてみてくださいね!

0

スマホノバックアップが大切なのですが、、、

スマホのバックアップもしっかりと取っておかなくてはいけません。
バックアップも取り方がさまざまなのですが、データが消えた時に困らないようにデータをバックアップしておきましょう。
Androidの場合は、Googleアカウントを利用するといいですよ。
Googleアカウントには、データをバックアップできる所があります。
そこでバックアップしておけば、もしもスマホが故障してもすぐにデータを戻ることができるようになります。
スマホのデータもいつ消えてしまうか分かりませんからきちんとやっておいてください。
スマホのバックアップも、全部ができる訳ではないようです。
スマホのバックアップ取れないものと言えば、アプリのデータなんかもバックアップできません。
なので、必要なアプリや使用しているアプリがあれば、IDやパスワードをしっかりと記載しておいてください。
そうしないと、ログインができないような事もあります。
特にラインなんかは、ログインができると、後は引き継ぎができるので、きちんと覚えておくようにしてみてくださいね!
スマホのバックアップの他にも自分で覚えておかなくてはいけないものがあるので気をつけましょう。

0

“オフラインでも地図がみられる、カシオのスマートアウトドアウオッチ “

日ごろからスマートフォンの地図に頼っていると、電波の圏外では活動しづらくなってしまいます。しかし、アウトドアの名所には電波の届かない場所もあるのです。そんな場所でも現在地を確認できるのが、カシオのスマートウオッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」です。右上にあるツールボタンからは、コンパス、高度・気圧、日の出・日の入り時刻、タイドグラフ、活動グラフなどが利用できます。真ん中の大きなホームボタンは、アプリとホーム画面の行き来に使います。右下のアプリボタンは、使用頻度の高いアプリを登録して、すぐに起動できるショートカットボタンです。デフォルトでは「ロケーションメモリー」が割り当てられています。スマホと接続していれば、スマホへの通知も時計の画面で確認できます。ディスプレイは1.32インチで、地図表示や計測機能、アプリを表示するカラーTFT液晶と、時刻を表示するモノクロ液晶を切り替えながら使える2層液晶などを備えます。省電力に役立つ独自の仕様だ。静電容量式のタッチパネルには防汚コーティングを施しているのです。